藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

【ハーレーダビッドソン2018年モデル】排気量を1745ccに拡大!

バイク

【ハーレーダビッドソン2018年モデル】排気量を1745ccに拡大!
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

【ハーレーダビッドソン2018年モデル】

ローライダーが新ソフテイルフレームを採用し、排気量を1745ccに拡大

ハーレーダビッドソン2018年全33モデルの詳細が明らかになった。注目はまず『ローライダー』ら旧ダイナファミリーがフルモデルチェンジされ、シャシーとエンジンを一新したことだ。

ローライダーは1992年以来、オーソドックスなツインショックを備える「ダイナフレーム」を骨格としてきたが、リアショックを車体下へ隠すように水平配置する新設計の「ソフテイルフレーム」に変更。

剛性を65%向上しつつも軽量化を果たしたスチール製フレームで、シャーシ全体の剛性も34%アップしている。

そしてエンジンも「ミルウォーキーエイト107」という最新Vツインに換装。従来1689ccだった排気量を1745ccに上げ、2バルブを4バルブ、ツインカムをワンカムにしたニューパワーユニットだ。

最新ラインナップでは「ダイナファミリー」が姿を消し、『ファットボブ』と『ストリートボブ』が新型ソフテイルフレームを採用し、新たにソフテイルファミリーに加わった。

新生ソフテイルファミリーもまた全モデルで「ミルウォーキーエイト107」エンジン(排気量1745cc)を新採用し、『ファットボーイ』『ヘリテイジソフテイルクラシック』『ブレイクアウト』『ファットボブ』では排気量1868ccの「ミルウォーキーエイト114」搭載車も選べる。

そして限定版となる『Custom Vehicle Operations(CVO)ファミリー』には、史上最大の排気量1923ccを誇る「ミルウォーキーエイト117」が積まれ、ますますプレミアム感を増しているのも見逃せない。

2017年モデルで一足早く「ミルウォーキーエイト107」を搭載していたツーリングファミリーでは、『ストリートグライドスペシャル』と『ロードグライドスペシャル』にブラックアウトされたダークカスタムバージョンが登場した。 《レスポンス 青木タカオ》


【ハーレーダビッドソン】の関連動画
↓   ↓   ↓   ↓

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ